ミレット・スタイルの考え方

ミレット・スタイルが生み出す「食物連鎖」

食物連鎖

良い食生活は良い生活習慣につながり、心豊かな人生を送ることができます。

良い食生活に変わると良い体質になります。
          ↓
良い体質になると心も良い状態になります。
          ↓
良い心の状態であれば気持ちもよい状態になります。
          ↓
良い心持ちでいると考え方も前向きになれます。
          ↓
前向きな人には前向きな人や良い情報が集まります。
          ↓
前向きな人は良い出会いがあるので幸せな人生が送れるのです。

食を見直す

昔の人は病気で苦しむ人は多くありませんでした。しかし、飽食時代の今成人病で苦しむ人が多くなりました。なぜでしょうか?
あらゆる病気は、乱れた食事・誤った食生活に起因していると叫ばれて久しくなります。日本人として正しい食生活を送ることで健康は得られるということです。
健康を維持するための考え方を実践することは美しく健やかな肌を得て、ダイエットにも繋がることになります。まさしく「医食同源」の科学そのものです。

一物全体

ひとつの物を丸ごといただくこと。
生命あるものは全て一個のそれ自体の中で調和が保たれているからです。
代表例では、あずき・大豆・枝豆など蒔けば芽の出るもの。調和の取れた全体をいただくことは、生命力を維持していくのに大切なことです。
野菜なら、皮や根を捨てずに・・・あく抜きや湯でこぼしも避けることで一物全体をいただくようにします。

身土不二

人間は、自分の生まれ育ったその土地(環境)と1つであるということ。
人間も環境の一部であるので、気候風土に順応していくことで、本来の人間としての健やかな精神や身体のバランスが維持出来ると考えられています。
寒い冬には、寒い気候に合ったものをいただき、暑い夏には、暑い気候に合ったものをいただきます。

医食同源

日本にも医食同源という言葉があります。
食事と健康には深い関係があり、食事の乱れから病気が起きるという考えがありました。食事で病気になったのなら、食事で病気を治すことが理想です。
また、人体の免疫力や自己回復力を強化することによって病気を寄せ付けず、健康を増進することを推奨しています。

ま・ご・わ・や・さ・し・い

ま(豆類):豆腐・大豆など。たんぱく質・ビタミン・食物繊維が豊富

ご(ごま):たんぱく質・食物繊維・カルシウム・ミネラルなどが豊富

わ(ワカメ・海藻類):たんぱく質・ミネラル・食物繊維が豊富

や(野菜):ビタミン・ミネラルが豊富

さ(魚):カルシウム・たんぱく質が豊富

し(しいたけ):ビタミン・食物繊維が豊富

い(いも):炭水化物・ビタミンC・食物繊維が豊富

ミレット・スタイルでは、栄養バランスの整った食事を考える上で、大事な「まごわやさしい」を季節の食材を使って伝統的な食スタイルを現代風にアレンジした料理方法を行っております。